太郎の言葉

子供の言葉には、爆笑させられる時がある。

たとえば、次姫には、通訳がいった。(母にしか分からなかった)


太郎は母でも????。
(?_?)って言葉である。
話の前後で解釈しなければならない

たとえば

「どきょう」
「ぎゅうきゅうじょう」
「よいやさ~」


さ~ぁてな~んだ。
[PR]
# by citrine-rose | 2006-05-02 23:57

ピンクッション

f0073415_10265957.jpg

ピンクッションを作ってみました。
右は、長姫の為に作った物です。

私がミシンや刺繍をしていると、母が
「やれば出来るんやん。この方面の専門学校に行かせば良かった」
と、勝手な事を言っていた。

が、このウサギを付ける時〇〇〇ステッチをしたが、5分もしないうちに『これは、私には向いてない~』(∋_∈)
と思っていた矢先だった。
もし、洋裁専門学校に行ってたら、今頃、気が狂ってるわよ!
(-"-;)


左は、どうですか?

かわいいかしら?

ワイヤーで籠をあんだのだけど、これが結構辛い!
(T_T)

小さな籠になってしまって、何に使おうかな?
と思い、
考えた結果、
ピンクッションになりました。

このピンクッション、私ならではの工夫があるをだなぁ~

私、針をピンクッションに入れてしまう天才なんです。
紐を付けたまま刺すのだけどねぇ~。

だから、ピンクッションの片端は、縫ってません。

針が入ってしまったら、ハラハラしないで、綿ごと抜いて取って頂戴!

って事で。


で、これを何種類か作ろうと思っております。
[PR]
# by citrine-rose | 2006-05-01 22:48

尾道に行くぞ

何故か昔、船の設計がしたくて専門学校を「船」にするか「家」にするか悩んだこたがある。


ムスカリさんが、尾道に行って来たよ~。
大和のロケセット見たよ~!

で、大和って尾道なんだ~。
と分かった私。

行きたい!

大和のロケセットまだあるかしら?
大和と言えば、資料が少なく謎の多い船。
数少ない資料が、尾道にあるのか~
よ~し、確認して行くぞ!


そして有名な物に
「おのみち帆布」って布があるのを知った。
こんなに、しっかりとした布すごいよね~。
と思ってた。

ムスカリさんと話をしていくうちに、それが「船の帆」
と言う事が分かった。

「帆布」って書いてあるのにねぇ~。


ともかく、大和のロケセットがなくても、一度足を運びたい場所である
[PR]
# by citrine-rose | 2006-05-01 10:47

エプロン完成!

f0073415_22422137.jpg

やっと、やっと、完成しました。

ミシン動かすまでに約何日経った事か!

そして、ミシンが動きだして約二時間で完成!

以外と簡単だった~。
ミシンの不具合がなければ、すぐ出来てるじゃん!

やっぱ、ミシンちゃんも度々動かさないと、寝ぼけてる!
って感じ~。


残るは、帽子だよ!
(ToT)
[PR]
# by citrine-rose | 2006-04-28 22:42

名言名句辞典

f0073415_23482518.jpg

なにげなく時間潰しにドラックスに寄った際、何故か目に止まり気になった本である。

多少悩んだが、価格が半額であったのとあまり本屋で見た事がないのとで購入する事にした。


その中(一部しか見てないが)
ベートーベンがこう残している。

「苦悩を突き抜けて歓喜にいたれ」

ベートーベンは苦悩の果てに壮大な曲を作曲した。第九交響曲である。


私も苦しんだ時があるのだが
私の場合、「のどもと過ぎれば熱さを忘れる」

何かに理由を付けて逃げている自分。
自分に頑張ると言葉も口だけなのだと言う事に気付いた。

突き抜けなければ意味がないのだ。


ベートーベンも、苦しみながら壮大な曲を完成させたのだ。

私にも出来るはずである。
[PR]
# by citrine-rose | 2006-04-27 23:48

怪奇話 「けんさん」

けんさん、それはそれは恐ろしい。
ほらっ!あなたのブログも覗かれてますよ。
<_<)o>>


ある方のブログのコメントを見ていたら、「健さん(けんさん)」宛に良くコメントを書いる。
その時は、何も思わなかったのだが、
私がある方にコメントを書いた。
すると、ある方がコメントを返して来た。

「健さんへ」と

どうやら、私と同じ質問をしたらしい。
どんな人だろうと、コメントを良く見たが、「健さん」らしき人はいない。

<_<)o>>え~コワイ~
何故?何故なの?誰なのよ!健さんって!
考えても考えても分らない。



そして、目を見開いて良くみると、「健さん」ではなく、「鍵さん」だった~
私、鍵コメで書いたんだ~
(ノ_<。)ビェェン


その話を、ある方にお話をした。
ある方は、
「私、昔、健さんって、何処でも出没しているんだ~。この健さんはクセモノだから、気をつけないとって思ったよ~」
と言う。


ほらっ!あなたのブログに健さんはいます。よね。
えっ!?
「単なる見間違いですから~ 残念!」
ですって~

ほらぁ~、そこに座っているムスカリさん!これからは良く見ようね。

私もか!
σ(^◇^;)。。。
[PR]
# by citrine-rose | 2006-04-26 20:50

怪電話 「けんけんさん」

今日の話の前に、何故「けんさん」をアップするのか、お話しょう。
とある女性が私に
「けんさん話、アップしてして!」
と言ってたので、
「いいよ~『けんさん』だね~」
とオッケーした。

親切な私は、「ちくちくさん」で、「怪奇話 けんさん」をアップするよ~と書いたのに、それに対し、
彼女のコメントは、
「次は、『怪電話 けんけんさん』まで発生したんだね~」
と書いてきた。

(波田陽区風)
「いや!発生したのはあなただけですから~!残念!」
「怪電話って、一文字間違ってますから!残念!」


あえて彼女の為に、名前は伏せておきましょう。
えっ!コメント見たら分る?

まぁ、見なければ分らない事ですので、今日は長くなりましたので、「怪電話 けんけん・・・」いやいや、『怪奇話 けんさん』は明日という事で!


伸び伸びかいって!

(小力風)
「ネタなんかキレてないす~よ!」
[PR]
# by citrine-rose | 2006-04-25 19:27

異国からの贈り物

今日、イギリスから素敵なプレゼントが届いた。


昼頃、なにげなくポストを覗いて見ると、ポストの中はパンパンで、チラシに混って茶封筒が入っていた。
私は、長姫の教材だと思い
「辞めたのに、まだ来てる~。(-_-#)電話してやる~」
と思いながら、ポストの中を開けた。

すると、日本語で書かれた私宛の封筒。

「????????」
「なんか、頼んだかなぁ~?」
と裏を見た。

英語で書かれた文字
その横に、『snow』と書かれていた。

「\(◎o◎)/あっ!SNOWさんからだ~(^O^) ちょっと~配達のおっちゃん(-"-;)ポストになんかに入れんといてよ~(入れないでよ)(`o´)全く、何処から来たと思ってんねん!」

とまぁ、ブツブツ文句を言いながら家の中へ。



開けて見ると~
イギリスの匂い~
って、しませんでしたが


どれも素敵な物ばかり。


f0073415_22571024.jpg
←こちらは、何と呼ぶのだろう? 通帳ケース?ポーチ?
(なんせ、100均ばかりの私、呼び名が分かりません)
(>_<)
ステッチは繊細でなおかつ、軽やかさが有りつつも、何処か力強い風格が。




f0073415_22575218.jpg←アンティークキーは、重みが有り古城の感じが漂う。










f0073415_22583128.jpg←そして、お母さんだけにでは悪いのでと、長姫・次姫の為に作ってくれた花柄のバックである。
急いで作ったものだと書いてあったが、素晴らしい出来栄えである。
SNOWさん、あたたかい心使いありがとうございます。
長姫も次姫も、喜んで「すぐ使う!」
と言ってたが、すぐ没収。
とりあえず、皆に自慢してから、使ってね!


SNOWさん、こんな素晴らしいプレゼントをありがとう!
そして、ひげさん私を引いてくれてありがとう!
\(^o^)/




今日、予定しておりました「けんさん」は、あまりの嬉しさに、予定を変更して明日アップさせていただきます。
楽しみにして下さってた皆様には、申し訳ございません
[PR]
# by citrine-rose | 2006-04-24 22:45

奇怪話 「ちくちくさん」

今日のお話は、ゆっくりめにトーンを下げて読んで頂きたい。


「ちくちくさん」

皆さんは、ちくちくさんを御存じでしょうか?
こっくりさんでもなく、キューピットさんでもなく、それはそれはオソロシ~イ名前である。



それは、それは、少し前の話であ~る
友のブログがアップされていたので、コメントを入れた。

エキサイトでない彼女は、携帯から彼女のブログを見ると、何故が数日前の記事だ。

何故だが、パソコンでは、すぐ当日の記事なのだが、携帯画面では、数日前の記事までしか移されないのである。

だからいつもの様に、数日前の記事にコメントを入れ、送信

あっ、名前入れるの忘れた!!
と思うも時すでに遅し。

一瞬だけ、確認のコメントが見れた!
名前!「しとりん」ではなかった。

ともかく、確認がしたい!しかし、私がさっき入れたコメントは、数日経たないと携帯から見れない。

「どうしょ~」

ムスカリさんに電話して見てもらう事にした。

「ん、あっ!誰だろう。『ちくちくさん』って知らない人から、〇〇〇(文面を読んでいる)って、入っているよ~」

(-.-;)
その文面私だ!

何故に「ちくちくさん?」


あなたも、無記名で投稿したら、「ちくちくさん」になってませんか?


しかし、そんな怪奇事件を気にしない、ムスカリさんと私は、二、三日 爆笑の日々を送ったのだった。



明日は、
怪奇話 「けんさん」である
[PR]
# by citrine-rose | 2006-04-23 18:23

バレーボール

f0073415_22214318.jpg

長姫が、小4になったので、子供会のバレーボールに参加する様になった。


昔、バレーボール部だった(補欠)だった私にとって、ボール拾いでは済まなかった
(^_^;)
ついつい、手がでて口が出て、内心では
「こんなに、目立ってしまったら、本部役員になっちゃう~(T_T)」
と思ってたのだが、長姫の運動神経のなさ(私似)に、泣きながら教えた。


しかし、調子に乗って来た私は、そんな事を忘れ、子供達からボールを渡さず、サーブを撃った。

入らなかった
。。。(〃_ _)σ∥

ムキになってしまい、ようやく、真面に撃てる様になった所で、我に返った。

やばい、やばい
(-.-;)
ただでさえ、当番でもなく来て、目立ってるのに~

何しに来たんだか
(ToT)


帰ってから、筋肉痛の体を引きずり、世にもおそろし~い接骨院に言ったのであった
(T_T)
[PR]
# by citrine-rose | 2006-04-22 22:21